婦人

腰痛を改善したいなら敷布団選びが大切|体に負担がかからない布団

腰をホールドするタイプ

腰痛

腰の筋肉が休まる

生活をしているとき、腰に負担をかけることが多くあります。意外なのは座っているときです。正座などならそれほど負担をかけませんが、オフィスチェアなどに座ると負担をかけていることがあります。腰痛を和らげてくれる敷布団としては、腰の筋肉を休ませてくれるタイプが良く利用されています。通常寝ているときは様々な筋肉が休まるはずです。しかし実際は休まっていないことが多いようです。軟らかすぎる敷布団だと、体への負担がばらばらになります。腰の辺りは特に強く負担がかかるため、あまり休めていない場合があります。腰痛にいいとされているタイプの場合、布団そのものに硬さがあるため、体全体に均等に力が分散されます。寝ている間に腰の筋肉が休まり、痛みも軽減できます。

柔らかさで判断

敷布団を選ぶとき、寝具店などで横になって試せる場合があります。通常はお店で横になるくらいですが、あるお店では1日レンタルをして使い心地を試せるようになっていました。実際に1日使わないと使い心地はわからないでしょう。腰痛を持っている人が解決できる敷布団があります。通常のタイプに比べると、腰のあたりで沈み込まないようになっています。適度に硬さがあるため、腰に負担が集中しません。そのために腰痛に良いようです。ただし、硬すぎるのは良くないこともあります。それぞれの人に合った柔らかさ、硬さがあります。ですから、実際に横になるなどしてみて、ちょうどよい硬さかを確かめた方がいいでしょう。いくつか用意されている中から、ベストのものを探しましょう。

共鳴効果を利用する

レディ

遠赤外線は暖める効果が高いため、暖房器具や調理器具、肌着などに利用される事が多い、有益な電磁波の一種だといえます。そうしたグッズを使用することは、我々の生活の中で欠かせないことになっています。

Read

睡眠は美容維持に重要

眠る人

理想の枕は、人それぞれ違う形だと言えます。健康的な体の維持や、美容を維持するには理想的な枕でしっかり睡眠を行うこが最も重要なことです。そのためには、枕を選ぶ場合はしっかり時間をかけて選ぶように心がけましょう。

Read

布団やマットレス選び

寝室

肩こりや腰痛に悩む人の中に眠りに入る際の心地よさがあるため、柔らかい布団やマットレスに寝たがる人が多いですが、肩や腰周りに体重負荷をかけたままの姿勢ですから肩こりや腰痛を生む体型です。むしろ、昼間の立っているのと同じ姿勢で眠れる硬めの布団や高反発マットレスの方が肩こりや腰痛の予防になります。

Read